販促品を使って展示会を成功させよう

展示会は会場を使った製品紹介やサービス紹介を行うイベントです。イベントを開催する会場には専用の会場もありますし、貸し会議室などの中にある収容人数が多く入る事が出来るレンタルスペースを利用する方法など様々です。専用の会場の場合は、大きなフロアーの中にそれぞれの企業ブースを建設して、会場に訪れる顧客をブースに誘導して製品紹介などを行う事になります。ちなみに、会場となる場所は駅から徒歩圏内などのように利便性が高い環境にある施設を利用した場合、イベントに参加してくれる顧客の数を増やす事が出来ます。さらに、ブースに訪れた顧客との名刺交換は後のビジネスにも有効な手段でもあり、貰って喜んで貰える販促品を用意しておく事で、名刺交換率を高める効果にも繋がります。

名刺交換率を高める方法について

展示会には多くの顧客が自社ブースに訪れる事になりますが、これは誘導を行う事でより集客効果に繋がります。例えば、遠くからでも目立つブースデザインにするなどは専門業者に相談する事で画期的なデザインブース製作が可能になります。尚、イベントの目的は製品の紹介やサービスの紹介、そしてそれらの販売効果を高める事でもあり、それと同時に新規顧客の獲得などが挙げられます。新規顧客の獲得に欠かせないのが、顧客の名刺であり名刺交換を行う事で新たな販路の拡大や販売促進効果に繋がります。さらに、名刺交換を行う時などには魅力ある販促品を用意しておく事で、ブースに訪れた顧客は他の人が持ち歩いているノベルティグッズを貰える事が分かるようになり、ノベルティグッズとの交換で名刺を渡してくれるなどのメリットにも繋がります。

ノベルティには販促効果や企業アピールなどの目的があります

販促品は販売促進効果、企業アピールを果たす重要な役割を持つもので、ノベルティなどとも呼ばれています。展示会でノベルティを配布した場合、その商品が魅力あるものであればブースに訪れて名刺との交換をしてくれます。ノベルティを渡す時などは、企業ロゴやブランド名などが印刷してある紙袋などを製作しておけば、展示会場の中を周っている顧客がそれを持ち、他の企業担当者が目にする機会が増えるのでブースへの誘導が円滑に行いやすくなります。さらに、販促品は名刺との交換などの方法で入手が出来る仕組みにしておけば、名刺交換率が高くなるので、ビジネスパートナーや新しい販路の獲得、企業アピールなどの効果にも繋がります。尚、魅力あるノベルティを見つける時には通販店を利用する事でどのような商品があるのかを把握する事が出来ます。