展示会の販促品にはこんな種類があります

展示会を開催する時にノベルティを製作しておけば名刺の交換率が高くなると言われています。ブースに訪れる顧客の中にはノベルティを目的として訪れるケースも多く、魅力あるノベルティは販売促進効果や企業のアピールに繋がる販促品になってくれます。会場内には色々な企業がそれぞれのブース内で製品を紹介したり、魅力あるサービスの紹介を行っていますが、ブース内ではカタログを自由に集める事が出来るようになっています。ブースの中には企業担当者が顧客への説明を行っていますが、商品やサービスに興味を抱く顧客は積極的に名刺交換をしてくれます。しかし、この時点で興味があるけれど、またの機会にと考える顧客も少なくありません。こうした時に、名刺交換を行うきっかけ作りになってくれるのがノベルティでもあるわけです。

配布する側と貰う側に人気があるノベルティとは

展示会で配布が行われる販促品にはボールペンや手帳、クリアファイルなどを選ぶ企業が多くあります。会場内は多くの人々が集まるため、室温も上昇する事もあり、うちわを配布する企業も少なくありません。他のノベルティの場合は、貰った後に手持ちのバッグなどにしまい込んでしまうので、会場内にいる人に対して企業の宣伝を行う事は出来ません。その反面、うちわを使って顔を仰ぐなどしている場合、うちわには企業名やブランド名などが印刷してあるので、会場内にいる人々への企業宣伝が出来るようになるわけです。ボールペンやクリアファイルは幾つ持っていても便利なアイテムでもあり、ノベルティの定番商品です。うちわとは異なり会場内での宣伝効果はありませんが、便利なものを使って貰う事で後からの企業アピールや販促効果を期待出来ます。

年末や年始のイベント時などではカレンダーに人気が集まります

展示会で配布する販促品はイベントが開催される時期によって配布するアイテムを考えておく必要があります。例えば、カレンダーなどはノベルティの定番アイテムの一つですが、年末や年始などに開催が行われるイベントの時に配布を行えば、お客さんに喜んで貰う事が出来ます。カレンダーには壁にかけて使うタイプもありますし、スケジュールを書き込む事が出来るファイル式のカレンダー、コンパクトサイズになっている卓上カレンダーなどの種類があります。社名やブランド名などをカレンダーに印刷しておけば、カレンダーを見る人に対して販促効果や宣伝効果を期待出来ますし、カレンダーは実用的な販促でもあり人気を集めています。さらに、カレンダーが付いている手帳などもノベルティとして人気が高く、年末年始に開催が行われる展示会で配布が行わる事も少なくありません。

コメントは停止中です。